2018/9/29/ 09:03

アイテムの写真を撮るだけで保険をかけられるCover

Cover
Co-founder & CEO Karn Saroya
アイテムの写真を撮るだけで保険をかけられるCover

Coverは保険をかけたいものの写真を撮り、アプリにアップロードするだけで適切な保険をレコメンドしてくれる。今回はCo-founderでCEOのKarn Saroya氏に話を聞いた。

写真をとれば保険がかけられる

―Coverのサービスについて教えてください。

 Coverは車や時計など保険をかけたいアイテムを写真に撮るだけで、そのアイテムに合った保険をかけられるアプリです。私たちは保険の選択肢を複数提示するだけではなく、そのユーザーにあった保険をレコメンドするように工夫しています。現在、アメリカ合衆国の49の州でサービスを提供していて、30の保険会社とパートナー契約を結んでいます。ユーザーの80%以上は35歳以下の若い人たちですね。

―どのようなアイテムがサービスを利用できるのでしょうか。

 ほとんどのユーザーは車や家の保険を探すためにCoverを利用していますが、もちろん、iPhoneやペット、宝石などにも対応しています。

編集部により一部変更いたしました。

―例えば、腕時計に保険をかける場合、Coverは腕時計の状態をどう判断するんでしょうか。

 私たちはTensorFlow(Googleが開発したディープラーニング・マシンラーニングのライブラリー)をベースとしたカメラを使用し、アイテムの識別や傷などの自動検出を行います。それによってアイテムの位置情報や状態を知ることができます。

事故やアイテムが損傷した場合の支払いがスムーズに

―Coverを利用することのメリットを教えてください。

 もちろん、一つは簡単に保険をかけられるという点です。もう一つは保険金の支払いのプロセスをスムーズに行える点です。車が事故にあった場合やアイテムが損傷した場合、必要な書類や事故前の写真はすでにCoverが持っています。ですからそれらを保険会社に送れば、すぐに処理が行われ、保険金を支払ってもらうことが可能です。またユーザーの保険加入後も、他に良い条件の保険が出てきた場合、私たちは自動的に提案するようにしています。

―将来の展望について聞かせてください。

 私たちはテクノロジーをコアとする企業です。私はお客様が私たちのサービスを利用するかどうかに関わらず、テクノロジーを使用して、お客様にとって有用なツールとサービスを構築することを目指しています。

Karn Saroya
Cover
Co-founder & CEO
クイーン大学卒業。マサチューセッツ工科大学工科大学にてファイナンスの修士号を取得。2015年にShopifyのモバイルプロダクトチームを率いたのち、モバイルE-CommerceプラットフォームのStylekickを設立。2016年にCoverを設立し、CEOに就任。
企業情報
設立2016年
事業内容適切な保険をレコメンドしてくれるアプリの提供
資金調達額$11M (2018年9月現在)
従業員数
拠点San Francisco, California
URLhttps://cover.com/
CrunchBasehttps://www.crunchbase.com/organization/cover-5
設立
2016年
事業内容
適切な保険をレコメンドしてくれるアプリの提供
資金調達額
$11M (2018年9月現在)
従業員数
拠点
San Francisco, California
URL
https://cover.com/
CrunchBase
https://www.crunchbase.com/organization/cover-5

スタートアップサマリー
お問い合わせ

シリコンバレーの業界ごとのスタートアップリスト、企業サマリー(日本語)を作成しています。
シリコンバレーのトレンド、日本展開に関心のあるスタートアップ情報を入手できます。
※お問い合わせは法人メールアドレスにてお願いいたします。

  • 会社名

  • 部署・役職名

  • 名前

  • メールアドレス

  • 希望する情報

×

ニュースレター登録

最新記事やイベント情報などをいち早くお届けします。
※ご登録は法人ドメインにてお願い致します。フリーメール(Gmail含む)では登録できません。