2018/11/1/ 07:52

ほぼリアルタイムで世界中の航空写真を提供するPlanet Labs

Planet Labs
Co-Founder & CEO Will Marshall
ほぼリアルタイムで世界中の航空写真を提供するPlanet Labs

農業や各国政府などに航空写真を提供しているPlanet Labs。元NASAの開発者たちがコストを抑えて衛星を作ることに成功し、150個を軌道に乗せて運用している。CEOのWill Marshall氏に聞いた。

他社の10倍の数の衛星

―強みはどこにありますか。

 日常的に1ピクセル当たり3~5メートルの航空写真を提供しています。航空写真の会社は他にもたくさんありますが、地球上のどこでも、高解像度の画像をほぼリアルタイムで更新できるようにしたのは私たちだけです。

 300の衛星を作り、すでに298が飛び立っています。これは競合他社の10倍の数にあたります。単体の企業としては最大である150個を軌道上で稼働させています。毎日7テラバイトのデータが世界中の地上の32拠点に送られてきています。機械学習により膨大なデータを解釈するサポートもしています。

政府やGoogleに提供

―どのように活用されているのでしょうか。

 顧客やユーザーは100か国におよびます。農業、政府関係、商業用の地図作成など様々な用途で使われています。森林関係、消費財、金融などの業種で新たな需要も出てきています。米政府やGoogleも顧客です。サブスクリプションモデルで、必要としているデータの大きさ、頻度などによって利用料が決まっています。

NASAの開発者たちが集まる

―どのような経緯でこのビジネスを始めたのですか。

 私たちはPlanetを立ち上げる前、NASAで月探査機LADEEや無探査機LCROSSのプロジェクトに関わっていました。Planetのゴールは、地球上の命を助けるために宇宙空間を使うというものです。物理学者とエンジニアの小さな集まりからスタートしたのですが、私たちの思いは10年以上の期間と数十億ドルの費用をかけなくても衛星を開発したいというものでした。高額な開発費用がかかる衛星のかわりに、ソフトウェアのような反復可能なアプローチをとり、パフォーマンスが高く安価に開発できるようにしました。衛星を小さく安くできたことで、他社よりもたくさんの衛星を作ることができ、ビジネスにつながったというわけです。

地球上すべての土地を画像に

―今後の展望を聞かせてください。

 日常的に地球上のすべての土地を画像にするというのが一つの大きなマイルストーンです。現在、私たちはデータを分析可能な状態に持っていくことにフォーカスしています。生データから、付加価値を作っていきたいということです。すでにある分析ツールも改善していきます。

Will Marshall
Planet Labs
Co-Founder & CEO
2004年に、オックスフォード大学で物理学博士、ジョージワシントン大学、ハーバード大学でのポスドクなどを経て、2006年から5年強NASAで科学者として働く。NASAでは月探査機LADEEや無探査機LCROSSのプロジェクトにかかわる。2010年にPlanet Labs創業。
企業情報
設立2010年12月
事業内容航空写真のデータ・分析サービスを提供
資金調達額$183.1M(2018年10月現在)
従業員数100人以上~
URLhttps://www.planet.com/
CrunchBasehttps://www.crunchbase.com/organization/planet-labs#section-overview
設立
2010年12月
事業内容
航空写真のデータ・分析サービスを提供
資金調達額
$183.1M(2018年10月現在)
従業員数
100人以上~
URL
https://www.planet.com/
CrunchBase
https://www.crunchbase.com/organization/planet-labs#section-overview

スタートアップサマリー
お問い合わせ

シリコンバレーの業界ごとのスタートアップリスト、企業サマリー(日本語)を作成しています。
シリコンバレーのトレンド、日本展開に関心のあるスタートアップ情報を入手できます。
※お問い合わせは法人メールアドレスにてお願いいたします。

  • 会社名

  • 部署・役職名

  • 名前

  • メールアドレス

  • 希望する情報

×

ニュースレター登録

最新記事やイベント情報などをいち早くお届けします。
※ご登録は法人ドメインにてお願い致します。フリーメール(Gmail含む)では登録できません。