2019/2/28/ 03:11

AIとVRを掛け合わせたデータ解析ツールVirtualitics

Virtualitics
Co-Founder & CEO Michael Amori
AIとVRを掛け合わせたデータ解析ツールVirtualitics

複雑なデータをバーチャルリアリティで理解するためのプラットフォーム、Virtualitics。カリフォルニア工科大学やNASAでの研究をベースに、AIがやっていることをデータの専門家以外の人にも理解できるようにする画期的なツールを提供している。CEOで共同創業者のMichael Amori氏から質問への回答を得た。

Michael Amori
Virtualitics
Co-Founder & CEO
コロンビア大学卒、ハーバードビジネススクールでMBA取得。CaltechでMaster of Science取得後、研究員。クレディスイス、ドイツ銀行を経てVirtualitics創業。

AIがやっていることをVRで理解する

―どんなサービスを提供していますか。

 データ分析をバーチャルリアリティ(VR)で可視化することができるプラットフォームを提供しています。VRによって、人間はAIがやっていることを理解しやすくなります。

 日々、複雑なデータがすさまじいペースで増えている中、10、100以上のマトリックスがあるようなデータを解釈し、誰かとそれを使ってコミュニケーションをするのは至難の業です。そこでAIがまずインサイトを発見し、それを可視化するのに最もいい方法を探してくれます。

 それをVRで多角的に見ることを可能にするユニークな技術を私たちは開発しました。何時間もデータをにらんでいるよりも、デバイスをつけて20秒見つめるほうがずっと理解しやすく、しかも世界中の誰とでもシェアできます。AIの中のブラックボックスをきちんと理解することが、ビックデータの活用も広げます。

CaltechとNASAの研究が基盤

―強みはどこにありますか。

 トップクラスの機械学習研究者たち、データサイエンティストが集まっており、Caltech(カリフォルニア工科大学)の10年以上の研究とNASAでの研究を基盤にしています。

 これまでの2次元のデータの可視化ツールとは異なり、私たちの製品は企業に機械学習を通じてデータからのインサイトを簡単に得られるようにし、発見を3次元で表現することができます。仮想のコラボレーション空間でそのデータを共有することもできます。私たちのプラットフォームは、政府や様々な業種の50社以上のFortune500企業、多くの研究機関にも採用されています。

データサイエンティスト以外にもデータを理解できる世界

―どうしてこのビジネスをはじめたのですか。

 ロンドンでドイツ銀行のトレーディングデスクのヘッドをしていたとき、データサイエンティストのチームのマネジメントをしており、データ分析には新しいアプローチ方法が必要だと感じるようになりました。データサイエンティストではない一般の人たちにも、データを理解できるような世界を作ること、データサイエンティストの仕事をより生産的にすることを目指し起業しました。

―日本企業とのコラボレーションには関心がありますか。

 私たちの製品を日本に広めてくれる企業とのコラボレーションを歓迎します。まだ日本企業との協業はありませんが、顧客になってくれる可能性のある企業が数社連絡をしてきてくれています。

スタートアップサマリー・掲載企業業界についてお問い合わせ

シリコンバレーの業界ごとのスタートアップリスト、企業サマリー(日本語)を作成しています。
シリコンバレーのトレンド、日本展開に関心のあるスタートアップ情報を入手できます。
※お問い合わせは法人メールアドレスにてお願いいたします。

企業情報
設立2016年
事業内容VRによるデータ分析・可視化
資金調達額$11.4M(2019年2月現在)
従業員数10人以上~
拠点Pasadena, California
URLhttps://www.virtualitics.com/
設立
2016年
事業内容
VRによるデータ分析・可視化
資金調達額
$11.4M(2019年2月現在)
従業員数
10人以上~
拠点
Pasadena, California
URL
https://www.virtualitics.com/
×

ニュースレター登録

最新記事やイベント情報などをいち早くお届けします。
※ご登録は法人ドメインにてお願い致します。フリーメール(Gmail含む)では登録できません。